株取引での空売りとは

株取引での空売りとは?

株取引の空売りとは「将来のある時点で○○会社の株○○株を○○円で売ります」という約束をしてそのある時点(期日)までに買戻し、その差額で差損益がでるという仕組みを制度化した取引です。
空(カラ)とは現物の株を持っていなくても売る約束をすることからきていて空売りと呼ばれています。
主に信用取引で利用される売買手法です。
買投資では買った値段から値上がりした時点で売ればその差額が利益となりますが、空売り(売投資)の場合は売った値段から値下がりした時点で買い戻せば(決済)その差額が利益となります。
つまり空売りの場合は値上がりすれば損失、値下がりすれば利益となります。
またある時点で株を売る約束をしている訳ですから、現物の株を持っていないためそのある時点までに反対売買をしなければならず、思惑と外れ値動きが損計算であっても買い戻さなければなりません。
つまり損決済となります。
空売りを無期限に行うことはできません。

空売りを有効に使える場面は?

空売りを有効に使える場面としては【値下がり相場】の時です。
株取引においては一般的に安い時に買って高くなって売って利益を得る、が一般的ですが、値下がりを予想した時は空売りから入れば利益を得るということになります。
これは値上がりしか利益を得る手段がない取引に比べ選択肢が広がり、値上がりばかりを期待する取引と比べれば柔軟に値動きに対処できる訳ですから、値下がり相場では有効な手法といえるでしょう。
またヘッジとして有効に空売りを使うこともできるでしょう。
例えば株式を保有していて、一時的に値下がりが予想されるがどこまで下がるか予想できない、もしくは値下がりしても元の買値までは下がらない、と予想した場合、現株を持ったまま空売りをします。
そして思惑通り値下がりした時点で空売りを買戻し利益を得ます。
その後は最初の思惑通り値上がりを待ちます。
つまり将来的な値動きは高いと予想しながら、目先の値下がりを利用して利益を得るという手法です。

空売りのデメリットは?

空売りのデメリットとしては買投資のように長期間、値動きを見守るということができない点です。
空売りの場合は先に述べましたように、現物がないのに「将来売ります」と約束する訳ですから(あくまで考え方です)現物の引き渡し期限までには反対売買しなければならないわけです。
その期限の時点で仮に値上がりしていれば損失となります。
買投資のように長期で資金を運用するとはいかない点はデメリットと言えるでしょう。
また空売りは現物を持っていないわけですから、最初の投資金(証拠金といいます)を超えるマイナスがでる可能性がある点がデメリットといえるでしょう。
買取引の場合は株価×株数分の投資金で取引すれば、投資金を超えるマイナスはでません。
空売りの場合は「将来この価格でこの株数を売りますからその担保として一部資金を入れておきます」との考え方でおこなう取引ですから、価格が高騰し最初の投資金を超えるところまでいき、決済するとマイナスがでてしますこともあります(赤がでる)。
注意が必要な点です。

空売りの規制について

先に述べましたように空売りはそもそも現物は持たずに「将来売る」約束をする訳ですから、当然乱用すると市場が乱れ値動きも不自然な動きになってしまう危険性があります。
そのことからさまざまな規制があります。
先に述べた【期日があり期日までに反対売買をする】ことも規制の一つといえます。
また市場では空売りの株数は常に公表されていますし、一人の個人が空売りできる株数にも規制があります。
それと空売りの場合には【追い証拠金制度】というものがあります。
追証拠金とは一時的にせよ値動きが思惑と逆、つまり値上がりし証拠金の決められたパーセント分がマイナスとなった場合に追加で資金を入れなければならない、とのルールを追い証拠金制度と呼ばれています。
もし追い証拠金を入れることができなければその時点で決済しなければなりません。
つまりいくら値下がりを予想したとしても安易に空売りをしてしまうと、思惑が外れた時には【期限はある】は【追加で証拠金は必要となるは】で非常に苦しい立場に追い込まれる可能性があるので注意が必要だと言えるでしょう。