株で資産を増やすには利益確定が重要

株で資産を増やすには利益確定が重要

株取引で、資産を増やすには、利益を確定することが重要です。
重要というよりは、「株取引とは利益を確定することである」、と言っても良いと思います。
「利益を確定する」というと、「利益」のほうにどうしても意識が向きますよね。
でも、そうでは無いのです。重要なのは「確定する」ことなのです。
株は、リスク資産です。100万円で買った株式であっても、最終的には、無価値(0円)になることもあり得ます。
現金で株式を買い、保有するだけでは、資産は増えません。
(法人の場合は、会計処理上の扱い方がありますので、一概に資産が増えた訳ではない、とは言い切れませんし、個人の場合でも、保有株式を担保にローンを組むなど、資産が増えていないとは言い切れませんが、個人取引で、キャピタルゲインを狙う方に読んでいただいていることが前提ですので、そのように表現しています。※「キャピタルゲイン」とは、売買の差額による利益のことです。)
株式を買ったら、売らなければ、決して所有する現金資産は増えません。また、たとえ買った株式が値下がりして、損をしたとしても、売って現金にして、損失を確定すれば、100万円が90万円にはなりますが、90万円の現金は残りますが、そうしなければ、最終的には0円になってしまうかもしれないのです。
ですから、「確定」することが何よりも重要なのです。でも、それが難しい。私自身、利益や損失を「確定」しなかったために、所有する現金の多くを失いました。
その苦い経験を踏まえて、これから利益の「確定」について、みなさんにご説明したいと思います。

利益を確定するのは、精神的に辛い

株の売買で、利益を確定するのは、精神的に辛いことです。
それは、自分の欲との戦いだからです。
例えば、100万円で買った所有株が、110万円になったとします。
最初の計画で、10万円の利益を目指して、株取引を始めたとします。
あなたは、当然、所有している株を売って利益を確定します。
良かった、最高の取引だった、その時はそう思うのです。
でも、あなたが売った後、その株がさらに値上がりして、120万円になったら。もっと上げって、200万円になったとしたら。
その時、あなたは、10万円の利益で確定した自分を許せるでしょうか。
それが許せないのでは、あなたは、株取引で大きな損をすることになるでしょう。私と同じように。
なぜか、それは、当然のことですが、10万円上がった株が、20万円まで上がるか、それとも、そこから下がってまた元の値段に戻るか、
もっと下がって、10万円損するか誰にもわからないからです。だから、取引する前に、いくら儲かったら株を売るかを決めておくことが重要なのです。

損切は、利益確定より重い決断になる

利益の場合は、そんなの当たり前だろう。それは、お前が欲深な人間だからだろう、あなたは思われるかもしれません。
では、損失だったら、どうでしょうか?
あなたは、10万円の損が出たら、損切りすると、株取引を始めていたとしましょう。※「損切り」とは、損失を確定する、反対売買(この場合、買った株を売ること)です。
あなたは、事前に決めたとおり、持ち株を売って、10万円の損失を確定します。
それは、計画通りの正しい行動です。この行為は、株式の取引においては、絶対的に正しいのです。
でも、です。その後、その株が、100万円に戻ったとしたら、あなたは、その自分の判断を許せますか?
それが1年後なら、まあ許せるでしょう。でも、それが一週間後だったら?もっと早く1日後に戻ったら、あなたは自分を許せますか?
それを許せないと行けません。
もっと言えば、たとえ損をしても、その決断に誇りを持たなければいけません。
なぜか。事前に決めたルールを破って、20万円までの損失を許して、一週間後に、100万円に戻った時に売って、損失を最小限に抑えて、あたなはこの取引を終えました。
その時、あなたは、助かった、自分の判断が正しかったと思うでしょう。
でも、それは大きな間違いです。そうしたことで、あなたは、100万円すべてを失うリスクを負ったのです。
この例で言えば、もっと損が膨らみ、30万円の損失となった時、あなたは損失を確定して、持ち株を売ることができるでしょうか?
一週間後には、持ち株が上昇して、損失がなくなるかもしれないのに。そう思って、持ち株を持ち続けることになるのではないでしょうか?
その後、株価が上昇すれば良いですが、そうでなかったら。もっと下がったら。あなたの100万円は、どんどん少なくなるリスクを負うことになるのです。
ですから、取引を始める前に決めたルールを、何が何でも守る、それが株取引でもっとも重要なことなのです。

売るときは、利益確定も損失確定も取引前に決めたルールに従え

どこまで儲かったら、また、どこまで損したら、反対売買をして、利益(損失)を確定するのかを、取引前に決めて取引に臨むことは極めて重要です。
どこまで損したら売るかを重要だけど、どこまで儲かったらは、それほど重要でないのでは?だって、もっと儲かるしかもしれない可能性があるんだから。

 

それこそが、株を始める人の最も陥りやすい致命的な間違いです。
たとえば10万円儲かった時に売ら無かったことで、最終的には、10万円下がってしまった時に、
あなたは、10万円の損失を受け入れられるでしょうか?

 

また、上がったらどうしようと思って、損失確定をためらってしまい、結局、20万円も30万万円も損失をかかえることになり、
最終的に売るに売れなくなって、そのまま保有し続けることになる。これがいわゆる塩漬け株です。

 

そうなっても良いと思うあなたは、100万円をもはや捨てたと同じことになります。あの時、利益を確定していれば、そう思っても、その時は遅いのです。
100万円くらい捨てても良いと思って株取引を始めるのであれば、それも良いでしょう。

 

しかし、株取引で、少しずつでも着実に現金資産を増やして行きたいあなたは、いくら儲かったら利益を確定するか?いくら損したら損失を確定するか?
自分のルールを取引する前にしっかり決めること。それが株取引で成功する唯一の道であると、私は断言します。