株式分割ってどういうこと

株式分割ってどういうこと

株式分割は、すでに発行されている株式を分割して株数を増やすことをいいます。
例えば、1:2の分割だと、1つの株を保有していた人は、2つもつことになります。
理論上は、1株の価値が半分になるので、資産価値は変わらないことになります。
株式分割を行う会社というのは、通常業績のよい企業が行うことが多いです。
業績の良い企業は、成長性のある会社や安定した会社として投資家から好まれるので、買われることが多く
そうなると株価が上がっていきます。結果として株価が高くなって個人投資家が買いづらい価格になっていることが多く
株式分割をして、株数を増やし、株価を下げることで、買いやすい株価にして株主を増やすという目的の為に
行われます。
しかし、最近では株式分割をすることにより、1株当たりの価値が希薄になるのを嫌気して売られる銘柄もあり、
株式分割をすることによって、株価が理論上の株価は下がりますが、その後も株価が下がっていく場合と上がっていき
分割前の株価に戻る場合があります。

株式分割の仕組みについて

株式分割は、新たに株数を増やすということでなく、もともと発行している株数を分割することになるので、
全体の時価総額はかわりません。

 

例えば、1:2の株式分割が行われる場合でいうと
その株式を1株が10万円の株価で保有していた人の場合、1:2の分割が行われることにより
理論上は、1株の株価は5万円となりますが、2株保有することになるので、5万×2株=10万円と
株式の資産価値自体はかわらないようになっています。

 

また、配当金も調整される場合が多いです。
分割前は、1株につき10円でる予想配当が、5円に調整されることになりますが、
1株保有している人は、2株もつことになるので、配当は、10円受け取る予定は変わらないことになります。
ただ、配当金については分割後も調整がおこなわれない場合もあります。

 

配当金の金額は変わらないけれども株数が増えるため、実質配当金が増えることになります。
結果として投資家には、増配での受け取りになります。

企業が株式を分割する理由と投資家メリット

企業が株式を分割する理由としては、株価が値上がりしてしまい、単元株の購入金額が大きくなると
購入する人が限られてくるため、流動性が低くなっていきます。
株式分割をすることにより株価がさがるので、買いやすい株価になり株主を増やすことができます。
株式数が増えると、より多くの人が売買を行うことができ、流動性を高めることで株価が安定しやすくなります。

 

流動性が少ないと、株価の変動が大きくなり、株価が安定しないということがあります。
投資家としては、買いやすい株価になることもメリットですが、配当金が据え置きになった場合に
いつもより多く配当をもらうことができます。

 

また、株式分割によって株数が増えると理論上は、分割割合に応じて株価は下がりますが、
人気のある銘柄だと分割後は分割割合程度の株価だったものが、時間を経てまた分割前までの株価になることもあります。
結果として、保有しつづけていると資産が増える場合もまれにあります。

株式分割の権利を得るためには

株式分割の権利をえる為には、その権利確定日に、株式分割をする株式を保有していることが必要です。
配当や株主優待を受け取る時と同じように、権利を得ている株主を確定させる必要があるからです。
株式分割の権利確定日は、新聞や企業のホームページなどで確認することができます。

 

権利確定日に、株式を保有する場合は、権利確定日から起算して4営業日目までに保有する必要があります。
株式の受け渡しは、売買が成立してから受渡日とよばれる、決済日まで4営業日かかるからです。

 

例えば、株式分割が1:2で、株式分割の権利確定日が、3月31日だった場合(平日と仮定)、
その日から起算して4営業日目の28日まで株式を保有する必要があります。
逆に、その翌営業日は、権利落ち日となるので売却しても問題ありません。

 

しかし、その日に売却できるのは、もともと保有していた1株のみです。
分割効力発生日に、1株がはいってきて売却することができるようになります。