投資信託のしくみとは

投資信託のしくみとは

投資信託とは、みんなでお金を出し合って、たまった資金をファンドマネージャーというお金のプロが運用する仕組みのことです。お金のプロはそのお金を国、企業、株などに出資します。そして、運用で得られた利益をだしたお金の額に応じてみんなでわけます。

 

投資信託はいくつかの会社が役割分担しています。それは、投資信託を販売する会社、投資信託を作る会社、お金を管理する会社の3社です。販売は主に銀行、証券会社などの金融機関が行い、投資信託を作るというのはファンドマネージャーが集めたお金の運用方針を決めて、運用の指示をすることです。

 

管理しているのは信託銀行であり、運用会社の指示を受けて売買や運用管理をしています。投資信託の集められたお金と信託銀行の運用資金は区別して管理されているので、万一信託銀行が倒産しても集められたお金は保護されます。投資信託で投資家が利益を得られるのは、「値上がり益」と「分配金」です。値上がり益とは、投資信託を買った時よりも売った時の方が高いと得られる利益です。分配金とは投資信託の運用が好調で利益が出た時にその一部を定期的に得られる利益です。

投資信託は少額で幅広い対象に投資することができます

投資の初心者でも、投資のプロに運用をまかせることができるので、投資先銘柄の選択、リスクを減らすための組み合わせなどの作業もプロが代わりにやってくれるので、安心して始めることができます。
また、まとまった資金の必要な株と違って、一万円くらいの少額の資金から始めることができる上、積立投信という月々千円からの積み立てで始めることができるものもあるので、気軽にチャレンジすることができます。

 

投資信託はファンドマネージャーが集めたまとまった多額の資金を運用しているので、株や債券、不動産などに、個人では多額の資金準備しないとできないのでなかなか難しい、分散投資をしています。
そのため、万一その中の一つが倒産することがあっても、投資家はリスクを負いにくいしくみになっています。また、投資信託は国内外の株式、債券、不動産など多種多様なもので運用していますが、中には新興国の株式や、株価指数先物など、個人では買いにくいもの、買う仕組みのないものもあり、そんなにも投資対象にも投資することができます。

投資信託の3つのデメリット

投資信託は銀行預金とは違い、元本保証ではありません。そのため、運用がうまくいかず購入時よりも値下がりした場合、購入額よりも売却額が下回ることがあるのです。つまり、元金が減ることになります。必ず増えるものではないので注意が必要です。
次に、手数料が高いこともデメリットです。投資信託には二つの手数料がかかります。ひとつは購入するときに窓口に払う手数料であり、販売手数料といいます。もうひとつは信託報酬です。

 

それはお金を預けて運用して貰うことになるので、ファンドマネージャーに運用実績に伴って報酬を払う必要があるのです。
この信託報酬は投資信託を保有している間、ずっと払い続けなければなりません。投資信託は短期の投資には向かず、中長期の運用を考えなけれならないので、その間信託報酬がずっと発生します。また、解約するときにも「信託財産留保額」や「換金手数料」とよばれる手数料がかかるところもあるようです。
投資信託の中にも販売手数料の無料のものが出ていますが、そのようなものは信託報酬が割高になっていたりすることがあるので注意が必要です。

 

また、ファンドマネージャーが優秀かどうかを見極めることが難しいこともデメリットのひとつです。過去の実績と投資方針をもとに判断するのですが、過去の実績がよくてもこれからもいいとは限らないためです。

投資信託より株のいいところ

投資信託に比べ株のいいところは、手数料が少ないことがまずひとつです。株は売買にかかる手数料は発生しますが、運用して貰うわけではないので信託報酬が必要ありません。売買にかかる手数料も、調べてみると少額の売買であれば無料のところもあるようです。
次に、株には配当金と優待があります。株を買うということは株主になるということなので、購入した会社の業績が悪くならない限りは配当金は毎年支払われますし、株主優待設定をしている会社であれば優待も受けることができるので、楽しみも増えます。

 

また、株はリスクがシンプルでわかりやすく、チャートで気になる銘柄の株価の動きを追っているだけでも徐々に目利きができるようになるので、これから投資を始めたい、という方には勉強になります。今はミニ株のような少額から始められる株投資もあるので初めてだけど試しにしてみたという方にも気軽に始められるのでおすすめです。
投資信託も販売する金融機関の言うことを鵜呑みにして言われるがままに売買していると失敗してしまいがちです。どんな国のどんなものに投資しているのか知ることが大事ですし、自分で勉強することがやはり必要なのです。