取引はいつでもできるわけではない

取引はいつでもできるわけではない

株の売買をしている取引所は、取引時間がきめられています。
東京証券取引所の場合は、土日祝日を除く営業日に取引所で取引されています。
取引時間は、前場(ぜんば)とよばれる前半の取引時間帯と後場(ごば)とよばれる後半の取引時間に分かれています。
前場と後場の間には、1時間昼休みとよばれる休憩時間があります。
前場は、朝9時から11時30分まで、後場は、12時半から15時まで行っています。
お盆などは関係なく取引されています。
取引所にでている注文状況の様子は、前場は朝8時からわかるようになっていますし、後場は、12時5分すぎから
気配がわかるようになっています。
年末年始は、カレンダーにもよりますが、12月31日〜1月3日までは取引所はお休みになるため取引はできません。
日本の取引所は、4か所ありますが、名古屋以外は、全て同じ時間帯で取引されています。
名古屋の取引所は、後場の時間が15時30分までで30分長く取引されています。
世界中に取引所がありますが、世界の取引所の取引時間をみると日本の取引所の取引時間は短い方になります。

売買が活発になる時間帯とは

その日の経済状況の様子などにもよりますが、一般的に、取引のはじまる時間はその日の株価がいくらになるか注目されやすい時間帯になります。
そのため、取引開始前の時間帯から始まりの値段がついた直後の数分間から数十分の間は、売買が活発になることがあります。
また、その日の終値がきまる終わりの時間帯の少し前にも、注文があつまってきて活発になります。
注文でも取引の始まりの値段で成立させる寄付(よりつき)、終わりの値段で売買を成立させる「引け」という注文があるので、取引の始まる寄付き前後や終わる引け前後は、株価が動きやすく、売買が活発になります。
そのほかにも売買が活発になる時間帯としては、株価の動きを左右するような重要な指標の発表の後などにも急に活発になることがあります。
最近では、為替が企業の業績等を左右する影響があるため、為替が動いて急速に円高、円安になったりすると株式の売買が活発になってくることがあります。

24時間注文することは可能?

取引所の取引時間がきまっているので、売買の成立は取引時間でないとできません。
しかし、取引時間中に注文を出す必要はなく、あらかじめ注文をだしておくことができます。
注文を出す受付時間帯は、個々の証券会社によって異なります。
しかし、ネットやモバイル経由などで注文を出す場合、システムメンテナンス等の時間以外は、どの証券会社でもほぼ24時間いつでも注文をだすことができます。
注文の方法も1週間だしっぱなしにすることや注文が成立するまで出し続けることができるなど証券会社によって、名称や注文のできる範囲が異なります。
注文予約という場合の方法としては、買いたい値段や売りたい値段がきまっていてもその日の制限値幅を超えてしまうため注文をだすことができない場合があります。
その場合、注文取引所にださずに、あらかじめ注文内容を入力しておき登録しておくことができます。
注文を取引所に出せるタイミングになったら、ボタンをおすだけで注文が取引所にでるような仕組みもあります。

PTS取引でも株の売買ができる

PTS取引というのは、私設取引システムを利用した取引所の取引のことです。
通常、株式の売買は、証券会社を通じて証券取引所で取引をしますが。
しかし、PTS取引というのは、証券会社などが取引所のシステムをつくり、そこで投資家の方が独自に取引をしてもらうことができるようにしたシステムです。
PTS取引をする場合。
PTS取引を扱っている証券会社を探すことが必要になります。
PTS取引のメリットとしては、夜間取引が行えるため、仕事などで昼間に取引ができない人なども取引ができることや手数料が日中の取引に比べて安い場合があります。
デメリットとして、PTS取引というのは、参加している証券会社でしか取引ができないため、取引参加者が少なく、出来高も少なく売買が成立しないという場合があります。
出来高が少ないため、流動性に欠ける事。
通常証券取引所でできる信用取引ができない。
夜間に取引をするため、日中の取引と受渡日などが異なってくるため、使いにくいという点があります。