EPSとは当期純利益を発行済株式総数で除したもの

EPSとは当期純利益を発行済株式総数で除したもの

EPSとは当期純利益を発行済株式総数で除したもののことです。
例えば、1年間に1億円の利益を生み出す会社が100万株の株式を発行していれば、その会社のEPSは、1億円÷100万株=100円となります。

 

そもそも株価とは、会社の発行する株式1株を購入するための値段ですので、会社の利益を1株あたりに換算することにより、現在の株価、すなわちその会社に対する市場評価と会社が実際に生み出している利益との関係性を把握することができます。

 

しかし注意しなければならないのは、EPSは利益だけではなく発行済み株式総数にも影響を受けるということです。

 

会社の利益が変わらなくても、発行済株式総数が増加すればEPSは減少することとなります。会社が株式を発行するのは資金を調達するためです。
新たな資金を調達することで設備投資をしたり、借り入れの返済を行ったり、様々な戦略をもって会社は株式を発行しますが、そのためにEPSが減少したとしても、会社の価値が下がったわけではないのです。

EPSを投資指標とするのは、会社の利益と株価を比較するため

株価は相場が動いている限り日々変化します。株価は会社の価値を表しているといわれる一方で、需給により変化します。

 

例えばあなたがある会社の株式を1株100円で購入したいと考えていても、200円でしか売りに出ていなければその値段でしか買うことはできません。
さらにその会社の人気が高まり、300円でも買いたいという他の投資家が現れれば、当然その株式を売りたいと考えている株主は300円で他の投資家に売ることとなります。
すなわち、会社の現状が変わらなかったとしても、なんらかの理由でその会社の株式の人気が高まれば、株価は上昇することとなります。

 

そのように変化する株価が、実際の会社の価値と比較して高いのか安いのかを判断することにより、現在の株価が買いなのか、それとも実際の価値よりも高い状況なのかを判断する必要があります。
会社の価値を表すものにはさまざまありますが、会社が最終的に生み出した利益は、会社の価値を判断するための1つの指標であると考えられるため、EPSは投資指標として一般的に用いられています。

EPSが株価の何倍であるかを計算する

現在の株価が会社の実情を表したものなのか、需給により高く、または安く評価されているのかを判断するために、株価がEPSの何倍であるかを計算することが必要です。これをPER(株価収益率)といいます。
PERを用いて株価を判断するためには様々な方法があります。

 

例えば日経新聞には毎日東証一部のPER平均が掲載されています。あながた投資しようと考えている会社の株価が東証一部平均と比較して高いのかどうか判断ことができます。
その他には、その株式の過去のPERと比較する方法があります。例えば過去3年間のPERの平均値が15倍であったとします。

 

ところが現在のPERを計算すると25倍であった場合、なんらかの理由でその株式の需要が高まったと考えることができます。
その株価の高まりが会社の実情に即したものなのか、単なる一時的な需要の影響なのか判断する必要があります。また、同業種のPERと比較する方法もあります。

 

例えば、情報・通信業やバイオ関連、ロボット産業など、今後の成長が期待されている業種は、一般にその他の業種よりPERが高い傾向があります。

BPS(1株あたり純資産)や1株あたり配当金

EPSの他に投資指標として用いられるものにBPS(1株あたり純資産)があります。会社の価値はその会社が持つ資産の額によるという考え方です。

 

例えば資産100億円の会社の発行済み株式総数が100万株であれば、BPSは10,000円となります。株価がこのBPSの何倍であるかを判断するための指標をPBR(株価純資産倍率)といいます。
一般にPBRは1倍が評価基準となります。PBRが1倍であるということは、あなたがその会社の株式をすべて買い占めて買収し、会社がもっている資産をすべて売却すれば、投資資金をすべて回収できるという状況です。

 

すなわち、PBRが1倍を割っている会社は、保有資産以下の評価がなされていると判断することができます。
またその他の投資指標として1株あたり配当金があります。

 

1株100円で買った株式を1年間保有することにより、5円の配当金を受け取ることができれば、その利回りは5%です。
仮にその株価と配当金が固定であれば、銀行に預けるよりも高い利回りを享受することができるため、信頼できる会社の株式を配当金目的で保有する投資家も多く存在します。